みなさん、こんにちわ!(^ω^)
先日、アメリカの予算教書が発表されました。
あの予算教書、ボヤーッと見てると大したことないんですが、じっくり見るとこれがまた結構すごいんです。

何がすごいのかというと・・・ ・・・その内容がすごいんです。
例えば、2008年度の実質GDP予測が「2.7%」
今年のアメリカのGDPが2.7%なんて、どこの国のどこのアナリストも予想してないです。

さらに、2009年度の実質GDPにいたっては、「3.0%」という「お手盛り」っぷり。
このばら色の予測の辺りが、太っ腹な感じというか・・・
(「ヤケッパチ」と言うか・・・(^ω^;))

また、失業率なんかも「4.9%」で出していますので、これも微妙にお手盛り風。
(失業してしまって、求職中にバイトとか内職してる方々も、失業者ではないという扱いにすれば、この数値は可能かもしれないですが・・・)

ちなみに、これはお手盛りってわけではないんですが、予算教書は支出の方もすごいんです。
支出が膨らみに膨らみまくって、何と、財政赤字は4000億ドルに達する見通し。
増税はしなくても景気の順調さが功を奏して、一時的に2000億ドルにまで財政赤字は減ったわけですが、結局、振り出しに戻ってしまったという感じでつ。

予算教書も、ブッシュ大統領くらいぶっ飛んでると面白くていいですね。(^ω^;)ウププ

           Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
          /:彡ミ゛ヽ;)ー、 < 何でこう、いつも逆にばっかり・・・
         / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
    ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄