希望のブログ


  スポンサーリンク

  

カテゴリ:その他雑談 > 父の胃癌治療

昨日は父の入院グッズを買いに逝きますた。
(前にも買いに逝ったんですが、今回は足りないやつを・・・)

浴衣や洗面器や箸箱やお茶(ティーバッグのタイプ)や歯磨き用のコップやミュール(かかとのついたスリッパみたいなやつ)など、色々なものを買いに逝ったわけです。

ところで、そのときに思ったのですが、浴衣とか洗面器とかミュールとかって、レンタルにならないかということです。
そりゃ、T字帯(フンドシのようなもの)をレンタルって言うのはちょっと引きますけど、浴衣とか洗面器とかスリッパって、旅館でも共用品として使うものですし、レンタルでもよいような気がしたんです。
ほんの少しの期間しか使わないので、かなりもったいないです。

ところで、明日から父が入院するので、本日は父に金融資産のこととかについての説明を受けますた。「もしものことがあったら」ということでなんですが、久々にかなりビビってしまいました。(ノ≧ロ)ノアワワ
ま、そうは言っても大した金融資産にはならないですので、あまり気にすることは無かったりするのですが・・・。(´・ω・`)

相場が総悲観のときに株を買って、相場が総楽観のときに株を売る・・・。

これがなかなかできんのよね~

   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)  
     `ヽ_っ⌒/⌒c     
        ⌒ ⌒

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

本日はまたしても日経平均大幅下落でございました。
昼までは父を病院に連れて行ってたのですが、午後からちょっと見てみると大幅下落の状態でございました。

何だか不思議なことに日テレ株だけは上げていたので、本日薄利利確。
明日も日テレ株が上がってしまうと、明日も(´д`)になってしまいます。

ところで、本日は色々な株が下がっておりましたが、その中でもハウスが下がっておりましたので、ここは勇気を出してナンピン買いすることにしました。
(ハウスは絶対に良い株だと思っておりますので・・・(^-^;)A)

・・・というわけで、明日ハウス株が下がってしまったら、明日も(´д`)になってしまうおそれがございます。
(明日も下がったらまたナンピンかけますけど・・・(^m^))

ところで、本日、父は手術の際の目印をつけに行ったのですが(胃カメラを飲んで・・・)、その際にお医者さんから

「このちいさいガンは、今日取っちゃいましょうかぁ~」

・・・などと言って、サックリと小さい癌を取られてしまったそうです。
胃壁を突き破りそうな大きなガンはまだ残っていますが、小さいのは胃壁に転々としているらしく、そこをポツポツと摘み取られたらしいです。

今日は父が主治医の先生に手術方法について質問をしました。

「あのねぇ~、ネットとかで調べたんやけどなぁ~、ガンの部分だけを切り取る縮小手術ってのがあるでしょう?その縮小手術ってのはできんのかいな?」

すると主治医の先生曰く・・・「う~ん、ガンが深く進行してますからね~、縮小手術は無理ですね~」・・・とのこと。
父は美味しいものをお腹いっぱい食べたいようで、何としても胃を残しておきたいようです。(お腹いっぱいご飯を食べるどころの騒ぎじゃないような気もするんですが・・・(-"-;)A)

それと、胃の周りのリンパ節への転移があるかどうかは、今の段階では分からないそうです。完全に結果が分かるのは今月の中旬以降ですので、まだまだ眠れない日が続きそうです・・・。(´д`)

まぁ何にしても、色々と質問したら答えてくれるお医者さんでよかったです。
患者さんとその家族って、やっぱり気になることとかあったりすると、疑問点を聞いたらしっかりと答えて欲しいものですし。
(こういうのって、めんどくさい割りにお金にならないので、嫌がられることも多かったりするんですが、だからこそ、お金にならないことでもしっかりと対応してくれるお医者さんって、とても大切な存在なんですよね)

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,__     | 明日こそは手持ち株が上がりますように・・・
    /  ./\    \_______________
  /  ./( ・ ).\       o〇      ヾ!;;;::iii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\   ∧∧        |;;;;::iii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄  (,,  ) ナモナモ   |;;;;::iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂ ヾwwwjjrjww!;;;;::iii|jwjjrjww〃
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 (  ,,)~ wjwjjrj从jwwjwjjrj从jr

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は、父の検査結果の発表の日でした。
そこで、癌の転移の有無についてのお話がりました。

私は父の癌がリンパ節などに転移しているかと思ったら、驚いたことに転移はありませんでした。
ただし、大腸内視鏡検査の時に採取した細胞の生体検査の結果はまだですので、今はまだ油断大敵な状態ではあるのですが・・・。

後、残る検査はバリウムの検査だけです。
その後は手術の為の準備として、後一回だけ胃カメラを一回飲むそうです。

ところで、今日、私が父を安心させようとして、「まぁ、後のことは全部任せといてや、みんなちゃんとやっとくから」というと、「お前、何か魂胆があるやろ、お前がそんなこと言うと気持ち悪い」・・・と言われますた。il|li _| ̄|○il|li

そこで、「なんちゅーこと言うんや!せっかく人が心配してやってるのに。娘から心配しえもらえるなんて、ありがたいことやて思いや。 ヽ(`Д´)ノ」・・・と、反撃。

すると、「お前、昨日電卓はじいて資産の運用先とかの計画を練っとったやろ、ちゃんと見とんねんで」・・・と、父。
一瞬反論しようと思いますたが、ひねくれ物で口汚い父が仏様のような性格になると、それはそれでちょっと怖いので、この反撃を聞いてひとまず安心したわけです。

ところで、昔、父に興味深い話を聞いたことがあります。

以前父は、同じ職場のえらく性格が悪い方を何度か見舞ったことがあったそうです。
すると、涅槃が近づくにつれて、徐々にその方が仏様のようになっていったそうです。話し方が穏やかで性格が良くなり、まるで仏様のような表情をされるようになったそうです。

日本人は「ご遺体」ことを「仏」と言う言い回しをすることがありますが、まさしく、涅槃に旅立たれる方々のお顔や性格は仏様のようになるので、そこからご遺体のことを「仏」と言うようになったのではないかというのです。
この話を聞いたときには「なるほどなぁ~」でしたが、ホントのところはどうなんでしょう・・・。

   今年は巨人の原監督が萌え萌えな感じやから、

   一ファンの義務として、日テレ株買っとくのねん。

       ∧___∧
      / -    - .\
      |    .●    .|
    /| =(_人_)=. |   
   /  .ヽ、______ノ   
   |    _____ ノ
   ∪⌒∪     ∪

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いやいや、今年も確定申告の時期がやってまいりますた。
(頼みもしないのに、毎年くるなぁ~)

今年は父の分も確定申告します。
父から「ほな、やっといて~」て言われて、郵送されていた確定申告の用紙をポイッと受け取りますた。

父は昨日までは風邪と大腸検査で弱っていましたが、今日はすこぶる元気なようで、「ほな」って言って、一人で打ちっぱなし(ゴルフ)をしに逝きますた。

そのようなわけで、一人残された私は「むぅ~~~~~、しゃぁないなぁ~」と言いながら、例年の如く確定申告の資料を集めて、確定申告しに行く準備をしました。

ところで、私は確定申告の書類の書き込みは税務署に逝ってから行います。
税務署の人に、あれこれと聞きながら書き込むのです。
税務署の人は

「この数字をここに書いて、ここにこれを書いてください」

…とか全部教えてくれるので、資料を持って逝ったら楽チンですので、毎年そうしてます。
基本的に自分で調べることはしませんし、資料もなんとなく必要そうなものを全部持っていって、税務署の人に見てもらいます。
それで、資料を使う・使わないを税務署の人に判断してもらいます。

まぁ、何というか、かなり他力本願な確定申告ですが、この方が時間の節約になりますので、いつまでたってもこの方法がやめられません。
おそらく、今年も分けわかめの謎な女が税務署に出没いたしますが、税務署の皆さん、本年もどうぞよろしくおながいいたします。m(_ _)m

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今朝、株ボードを見ていたら、北越製紙が上がっていました。
「スゴイスゴイ」と思いながら、検査の為に車で父を病院へ送りました。
3時直前に家に帰ってきてみたら、北越製紙が長い上髭をつけて下がっていました。

そのようなわけで、北越製紙を利益がのっているうちに利確。
利幅は実にショボイものになりましたが、仕方が無いです。
どうしようもないんで、あきらめました。

父が大腸内視鏡検査を受けた時、大腸に腫瘍が発見されました。
まだ悪性の癌と決まったわけではないので、大腸組織を採集して生体検査に回されました。

癌が発見されたときよりも動揺は少なかったです。
胃壁の癌の進行具合がT3であると分かった時点で、ある意味あきらめがついていたような気がします。

世の中には自分の努力次第で何とかなることと、自分の努力ではどうしようもないことが存在しますので、物事を順次冷静に判断して、努力次第で何とかなることと何ともならないことを見極めて、その中で最善の道を探ることが大切なのだと、今は思っています。

最善の道は本人によって様々ですので、本人の意向を一番に考えて、その中で出来る限りのサポートをしていけたらと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

明日は大腸内視鏡検査がありますので、明日になって、下剤を飲むのは分かりますが、本日から下剤を飲まなくてはならなかったようで、現在、父は10~15分おきにトイレに行ってます。(^_^;)A
まぁ、胃の摘出手術よりかは、下剤で体の中をカラカラにするのなんて、何千倍も楽なんでしょうが・・・。(>_<;)

明日はまた、大量の下剤を飲まなくてはならないようで、現在、冷蔵庫の中に大量の下剤が鎮座しております。(ノ≧ロ)ノヒャー

大腸内視鏡検査が大切な検査だというのは分かるんですが、これでは大腸内視鏡検査を受けるのを思わず躊躇してしまいそうです。(´A`)ムゥ~
もっと楽な検査で対応できないものかと、色々と考え込んでしまいます。

ところで、先日、胃超音波内視鏡検査を受けて、胃壁に存在する癌の進行状態(深さ)を診断されたのですが、診断の結果、T3でした。

胃の粘膜層までの深さであればT1。
胃の粘膜層を超えて胃の筋肉層に達していればT2。
胃の筋肉層を超えて、胃の漿膜層にまで達していればT3です。

胃は食べ物を入れる場所ですので、ばい菌に体がダメージを受けないように、胃の周りには何層かのリンパ節があって、ばい菌をブロックしやすくなっています。そんなわけで、胃壁を癌が突き破ると胃の周りのリンパ節に癌が侵食したり、他の臓器やお腹の中に癌が侵食していくわけです。

そこで、進行度を計るための目安として、胃壁への進行度にプラスして、どこまで癌が侵食しているのかも見て、進行度を見極めるというわけです。

話は変わりますが、うちの父の場合、ただの胃潰瘍だと思っていたら、胃潰瘍ではなく陥没型の癌でした。ピロリ菌などによる潰瘍と思っていたので(実際に、胃の中にピロリ菌がいましたので・・・(-"-;))、4年前の胃潰瘍の治療の際に生体検査をしなかったことが、大きなミスであったのだと思います。

ですので、胃潰瘍だからと安心せずに、潰瘍部分の生体検査を行った方が、早期発見の為には大切であるのだと、今回の一件で勉強しました。
でも、父の場合は遅すぎました。

もし、4年前に生体検査を受けて、胃潰瘍か癌かの判断をしていれば、今よりももっと治療が楽だったに違いありません。
ですので、「検査まみれの日本の医療」と言われて久しいですが、やはり、必要な検査というものはあるような気がしてなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

明日から父の大腸内視鏡検査のための準備が始まります。
大腸ですので、胃の検査と違って大変です。
(お食事中の方は、以下の文章を読む際はご注意ください)

胃は数時間で内容物が消化されますので朝食抜きで検査OKですが、大腸はそうは行きません。
便が大腸に残っていると検査が滞るからです。
ポリープやがん細胞が見つけ辛いですので、宿便も含めてしっかりと体外に排出しなければならないのです。

そこで、検査の前日から検査用の食事を摂取します。
検査用の食事は、グリコの検査用の食事を食べます。
(グリコってこんな商品も作ってたんですネ…(^-^;)A)
※ 便秘の方は、下剤を飲んででも毎回排便がある状態にしなければならないそうです。

次の日は、下剤を飲みまくって完全に腸の中を空っぽにします。
(辛そうだなぁ…(>_<;))

ところで、腸を空っぽにするためには、お水をしっかりと飲まなければならないそうです。これは、便秘予防の際でも同じですね。(便秘にお困りの方は、しっかりとお水を飲むようにされたほうがよろしいかと思います)

このようにして、大腸内視鏡検査はかなり準備段階が大変な検査です。
でも、癌やポリープは肉眼でしっかりと確認できますので、安心といえば安心のような気がします。

でも、私自身が人間ドッグなどで大腸内視鏡検査をする段になったら、かなり躊躇してしまうかも…です。(>_<;)
今後、技術革新が起こって、もうちょっと大腸内視鏡検査が楽になることを祈るばかりです。(そういえば、カプセル式の内視鏡っていつ商品化されるんだろう…)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は父を病院に連れて行った後、ちょっとだけ株を買いました。
手持ち株は今日も相変わらずボチボチですた。
(いつも「ボチボチ」て言うてるがな~ (; ̄ー ̄))

ところで、国の行っている薬品の承認についてですが、アメリカは日本よりも承認が早く降りるようなシステムが出来ているようです。
承認システムの内容は以下の通り。

■ 国が予算を多く出して、承認審査をするための人をいっぱい雇っている
■ 患者さんや患者団体が新薬治験を積極的に手助けしている
■ 専門の大病院や医師が製薬会社の治験の手助けをしている
■ 患者団体や患者さんが積極的に新薬の承認を嘆願する

アメリカは、これらの日頃の努力の積み重ねによって、新薬の承認スピードが日本よりも格段に早いようです。

ところで、日本の製薬メーカーのWEBサイトを見てみると、治験の募集のお知らせが出ていることがあります。
そのWEBサイト上の治験募集に自分の病気が上手く合致して、首尾よく治験に参加できれば、新薬をいち早く投与してもらえる可能性があるわけです。

でも、よくよく考えてみると、その新薬の効果を調べる為に、新薬を投与される患者さんと、まったく効果の無い新薬ではないダミーのお薬を投与される患者さんがおられるわけですので、必ずしも新薬を投与してもらえるわけではないという辺りが、大いに引っかかります。(-"-;)

進行しない軽い病でしたら参加してもいいかなぁ~とは思うのですが、早いこと治療してしまった方が良い病の場合、治験の期間中、効果の無いダミーのお薬を投与されてしまうとかなり焦ってしまうからです。
(絶対に新薬が投与されるのであれば、参加してみたいとは思うのですが・・・(>_<;))

        父の風邪がうつったようで、

        今日は熱が出てしもたです。

            _,,..,,,,_
    、,  ,,, 、,,  ./ ,' 3/⌒ヽ-、_   、 ,,  @
      、,   /l.  /____/   n   ヽ|ノ,,
 @   ,,, 、,,  ̄,, ̄ ̄ ̄ ̄,, ̄   ,,, 、,, 
ヽ|ノ 、、,  ,, 、,,   , "  ,,  、、, ,,

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は午前中にコチョコチョと取引をしました。
午後からはちょっと用事があったので外出。
帰ってきたら、日経平均が下がって陰線がついてますた。
でも、日経平均はプラス引けでした。
(手持ち株は相変わらずでしたが・・・。(-"-;))

ところで、今日はエーザイの抗がん剤について調べたんですが、エーザイは中外製薬と比べると抗がん剤の臨床試験の数が少なかったような気がしました。

でも、開発品コードE7070(インジスラム)の抗がん剤には、興味があります。
新しいシステムの抗がん剤なのです。
IR情報を見ると「細胞増殖をG1フェーズで阻害することにより、アポトーシス(自己細胞死)を誘導します」と書いてあります。

がん細胞はアポトーシスが働かなくなって、無限に増殖を繰り返してしまうというのを以前TVで見たのですが、もしこのインジスラムが商品化されれば、自然にがん細胞が消滅してくれるようになるのでは・・・?などと、思わず妄想してしまったりするわけです。(頭が悪い私が妄想しているだけですので、実際にどうかはわからないですが・・・。(>_<;))

これって日本でいつくらいに承認されるんだろうと思って、※フェーズを見てみたら、第Ⅱ相でした。「あぁ、第Ⅱ相なんだ~」って思ってよくよく見直してみたら、米国・欧州って書いてありますた・・・。il|li _| ̄|○il|li
日本でフェーズⅡだったら嬉しかったですが、米国とか欧州が先みたいです。
(どこかの製薬メーカーさん、画期的な抗がん剤を日本で先行発売とかしてくれんかしら・・・)

※フェーズ
お薬が実際に患者さんに処方される前には、治験が行われます。
この治験の結果によって、その薬の安全性とか副作用とか効果とかをしっかりとチェックするわけです。治験の結果が思わしくなければ、治験の段階でその医薬品の承認は見送りになりますので、治験が滞りなく行われるというのは、非常に重要なことだったりします。

ところで、この治験にはいくつかの決まった段階があり、それを順序良くクリアしていくことで、初めてお薬として承認されます。この段階のことをフェーズといいます。治験中のお薬やフェーズの段階については、製薬メーカーさんのIR情報で見れたりします。

フェーズの段階は第Ⅰ相から第Ⅲ相までの三段階。

第Ⅰ相は、安全かどうかのチェックです。
第Ⅱ相は、安全かどうかと効果があるかどうかのチェックです。
第Ⅲ相は、患者さんの協力の下での効果と安全性のチェックです。

     カレーセットホスィって言ってたのに、

     ハウス株を売ってしもたんや~

          ( ゚д゚ )  マジで? 
     ( ゚д゚ ) /  ⌒i
   _(__つ/ ̄ ̄ ̄/i |_
     \/     / ヽ⊃
        ̄ ̄ ̄~

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

海外では承認されている薬が日本には承認されていないケースは多いです。
例えば、抗がん剤の新薬「アバスチン」です。

アバスチンは、米国ジェネンテック社(日本ではロシュグループである「中外製薬」が開発・販売独占実施権を取得)の開発した商品で、大腸ガンに治療薬としてアメリカで承認されている医薬品です。このアバスチンは、血管新生阻害薬というまったく新しいタイプの抗がん剤です。

つまり、がん細胞が栄養を吸収してムクムク大きくなっていくのを防止して、兵糧攻めするタイプの抗がん剤なのです。
現在、大腸ガン以外のガンへの治験が行われています。

通常の抗がん剤は、がん細胞を直接薬剤で攻撃する際に、健康な細胞まで攻撃してしまいますので、副作用が問題になりますが、アバスチンはがん細胞を兵糧攻めするタイプの抗がん剤ですので、副作用が少ないのも特徴です。

ところで、このアバスチン、日本で投与を受けようとすると、全額自己負担になってしまいます。なぜなら、未だに日本では承認されていないからです。
(アメリカ・ヨーロッパ・イスラエルなどの国々では、アバスチンは承認されています)

なぜ日本で承認が遅れているのかという理由は分からないですが、とりあえず、承認を受けないことには健康保険の適用外になってしまいますので、アバスチンの投与を受けようとすると、自己負担になってしまいます。

健康保険では確か、10万円以上の治療費がかかる場合は(個室代などを除く)、健康保険から差額分を補助されます。さらに、3割だけが自己負担額ですので、20万円の医療費がかかったとすれば、63,000円程度の負担で済みます。
(計算が間違っていたらごめんなさい・・・(>_<;))
ですが、全額自己負担ですと、これが丸々自己負担として重くのしかかります。

そのようなわけで、お金をたくさん持っているリッチな方々は、アバスチンの投与を自己負担で受けることが可能になり、お金持ちで無い方は、自己負担することができませんので、アバスチンの治療を受けられなくなってしまうという、悲しい事態に陥ってしまいます。

日本は高福祉の国で、先進国として最先端に近い医療を受けられる国だと思っていただけに、これは結構物悲しいものがあります。

先進国の多くで採用されている抗がん剤などの治療薬を使って、日本でも保険適用の範囲内で治療できれば、素晴しいことだと思うのですがどうなのでしょう・・・。

今朝は、朝から風邪っぴきの父を病院に連れて行ったので、どうも頭が混乱しているようで、今ひとつ文章にまとまりが無いですが、要は、折角日本に生まれたので、世界的に最先端でトップレベルの治療を保険が適用された状態で受けたいなぁ・・・ということだったりします。(´・ω・`) ムゥ~

ところで・・・どうでも良いことですが、中外製薬のWEBサイトの開発中の医薬品を見ていたら、ロシュやジェネンテック社と共同(?)で、モノクローナル抗体の開発をしているようでした。
(モノクローナル抗体については、昨日の記事を見てくらさい)

治験的には、第I相や第II相あたりまで進んでいるように見えました。
(新製品開発状況の表を読み間違えてなければ・・・)
モノクローナル抗体って、まったくの夢物語だと思っていたら、案外進んでいたんですね~ (´_`)シランカッタナァ~

新しい抗がん剤の一日も早い治験の終了と、承認がつつがなく成功いたしますように・・・

   ◇       ミ ◇
   ◇◇   / ̄|  ◇◇   こうなったらもう
 ◇◇ \  |__| ◇◇     神頼みやぁ~~! 
    彡 O(,,゚Д゚) /
       (  P `O
      /彡#_|ミ\

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は、父が高熱を出してしまったため、朝から病院へ行ってきました。
「ただの風邪でしょう」とのことですが、来週の火曜日からまた、検査漬けの日々が始まりますので、ちょっと心配です。

ところで、ガン治療には手術や抗がん剤による化学療法や放射線療法だけではなく、「免疫療法」というものがあります。
免疫療法とは、「NKT細胞」を利用するガン治療のことです。
NKT細胞の働きを高めて、ガン細胞を攻撃させるのです。

また、これと似たようなガン治療として「ワクチン療法」も存在します。
ワクチン療法とは、全てのガンに共通して存在する「WTI」というたんぱく質の断片をワクチンとして利用するガン治療のことです。

さらに、ワクチン療法の進化版として「HER2」というたんぱく質を利用したワクチン療法もあります。
(「WTI」を利用したワクチンよりも強力です)

ちなみに、どうでも良い話ですが、あの食品会社のニチレイのバイオサイエンス部門で「HER2」の「免疫組織化学染色試薬」を製造しているようです。

この他、クローン技術を利用して作られた「モノクーロナル抗体」を利用してガン治療を行う研究も進んでいるようです。
ちなみに、モノクロナール抗体を使った治療を行う上で大切な「ヒト抗体」についてですが、キリンビールがヒト抗体遺伝子を持つ「TCマウス技術」の生産に成功しています。
(な・・・なぜキリンビールが・・・(^-^;)A)

免疫療法は、現段階では副作用もないため、患者さんへの負担も少ないガンの治療法ですので、今後一層の普及が待たれます。
(今回、ガンを発見した病院に紹介状を書いてもらい、父にはガンの免疫療法を行える病院に受診してもらいました)

ところで、このガンの免疫療法ですが、確か保険適用はなかったように思います。
健康保険適用されないということは、多額の治療費を全額自己負担しなければならないということになりますので、金銭的には結構辛いような気がします。

ただ、お金や財産はあの世には持っていけないですので、もし、免疫療法を行うことになったら、財産は全て医療費として支払っても良いかと思います。
(でも、やはり健康保険対象になってくれたら大変嬉しかったりするのですが・・・。(>_<) ウググ)

    昨日は、またまたダウが上げてますた

    日経も爆上げの悪寒


              /つ_∧  シェー
        /つ_,∧ 〈( ゚д゚)
        |( ゚д゚) ヽ ⊂ニ)
        ヽ__と/ ̄ ̄ ̄/ |
         ̄\/___/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この度、父がガンを発症したことに関しまして、様々な方からお見舞いメールを頂きまして、本当にありがとうございました。
皆様のお心遣いを大変心強く思いましたと同時に、私がしっかりと看病したりサポートしようという想いを新たにすることが出来ました。
本当に本当にありがとうございました。m(_ _)m

今現在、ガンに苦しんでおられる方や、ガンではなくとも治療の困難な難病と戦っておられる方々や、そのご家族の方々と共に、今後とも頑張っていきたいと思います。

■追伸■
ズボラOLのななさんへ
これからも色々とあるかとは思いますが、共に頑張りましょう!! p(^-^)q

倫理観について
病院に行くたびに、お医者さんの倫理観について考えることがあります。
お医者さんは人の命に関わるような医術を施して、病気を治療する(病気の進行を止める・病気の苦しみを緩和する)のが仕事です。

ですので、それ相応の倫理観を持って仕事をしなければならないお仕事だと思うのです。
商品を売る・広告を作る・建物を作る・・・などなど、様々なお仕事がありますが、その中でも特に倫理観を強く求められるのが医師の仕事だと思うのです。

ところで、お医者さんというのは病院に勤務しています。
病院はお医者さんが業務をし(治療を施し)、検査機器を使用して、薬物を投与することで利益を上げています。
ですので、命に関わるような治療を行う半面で、商業的な面を持ち合わせていないと成り立たない職業であると思います。

この場合、商業的な面が大きく持ち上げられてしまい、本来重視されるべき倫理観が欠如してしまっている状態ですと、患者さんやご家族の心身にとって負担がかかる場合があります。

ですので、お医者さんというのは商業的な面が強く出すぎていて、倫理観が欠如した状態でないかを日頃からチェックしておく必要があると思うわけです。
ただし、お医者さん以外にも倫理観は必要ですし、日頃から倫理観が欠如していないかのチェックは必要であるかと思います。

商品を作るときでも、食品を作るときでも、お金を扱うときでも、倫理観が欠如した状態でお仕事をすると、それを購入した人々やサービスを受けた人々を苦しめることにもなりかねません。
ですので、私はどのような仕事であれ、仕事をする人々にとって、倫理観は絶対に必要不可欠なものであると考えます。

倫理観の欠如した世の中は非常に生きづらい世の中です。
倫理観について少々考えることがあり、今回このような記事をUPしましたが、私自身も例外ではありませんので、倫理観をしっかりと持って生きて生きたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

本日、父が胃癌だと告げられました。
進行癌ですので、多臓器やリンパ節への転移の可能性があります。
転移の有無については、後日の検査結果待ちとなります。

今は頭が混乱しています。
早期癌でしたらまだ気分的にも楽なのですが、進行癌なのでかなり不安です。

そのようなわけで、メールなどのご返信を一時停止します。
それと、サイト・ブログの更新も一時停止します。

当ブログやサイトを楽しみにされていた方には大変ご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承ください。
また、メールを下さった皆様にはご返信することが出来ず、大変申し訳ございません。時期を見て必ずご返信いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ