なんか安倍首相が検査入院されたようですね。
長期政権でお疲れが溜まっていたのかもですが。

次の首相は誰になるのかの話も本格的に話題になってきてて、いよいよ首相交代が来るんだなあと言う実感がひしひしと湧いてくるのでありますよ。(´・_・`)

次の首相候補で今の所よく名前が上がっているのが、岸田議員
あとは石破議員なんかも名前が上がってますね。

岸田議員はあの例の2F幹事長の推しがあるようで結構有力そうですが、個人的には日本経済には・・・かなあって思ったりします。
石破議員もマジメな方ではあるとは思いますが、経済的にはちょっとアレな感じがしています。

今の異次元すぎる日銀の金融緩和政策もどうなるかわからないですし。

この両名が首相になった場合、今の日銀による実質的な日本株の買い支えがどうなるのかってのはすごく気になります。

今は何があっても、ある程度まで下げたら日銀が輪転機回して買い支えてくれる安心感がありますもんね。

救世主


これがあるから、極度の円高 & 日経平均の極度の投げ売り & ノックイン投信による売り浴びせからのさらなる暴落 & 追証による阿鼻叫喚の地獄絵図とかが最近あんまり起きてないんだろうなと思いますし。。。
(コロナ禍で大暴落してたときは流石に結構ドスンときてましたが。(;・∀・))

次の首相が誰になるのかはわからないですが、ここのところをわかってない人が次の首相になった場合は大変なことが起きるんだろうなって思います。


バルス


そこで問題になるのが安倍首相の任期ですが、来年9月末に首相任期が切れて次の首相が誕生ってことのようですので、来年までにはできる限り株や投信を売って身軽になっておいたほうがいいのかなあとかぼんやりと思ったりもします。

ちなみに、アメリカの大統領選も今年の11月に終わってしまい、来年は株上げ要因がさらに減りますので、来年はちょっと覚悟の必要な年になるのかなあと言う気がしています。

それと、トランプ大統領と揉めているFRB総裁は任期満了までやるおつもりのようですので、多分、FRB総裁の交代から~のドボンはまだ先の話なんだろうなあと予想しています。( ´ ~`)