希望のブログ


  スポンサーリンク

  

2015年10月

みなさん、こんにちわです。(^.^
早速ですが、取引履歴更新しました。
(取引内容については、取引記録のページを御覧ください。( ゚ェ゚)_ _)) )


2015年度 株的取引記録

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

うちの犬の闘病記録については、↓のページで公開中です。
(管理人の気持ちの整理がついていませんので、悪性リンパ腫についてはまだ公開できていません)

よろしければ御覧ください。m(_ _)m

うちの犬の闘病記と日々のケア



みなさん、こんにちわです。(^.^
と言うか、お久しぶりでございます。


今日は、取引履歴を更新しました。(^.^
株取引ついては、そちらを御覧ください。(  ゚ェ゚) _ _))

2015年度 株的取引記録


先日は、うちの犬リンパ腫の件について書きました。
そんなこんなで、あの後色々と考えましたが、やはり、ステロイド剤以外の治療はしないことにしました。

犬って、抗癌剤の副作用が出て辛いって言えないんですよね。
手足がしびれるとか、気持ち悪くて吐きそうとか、下腹がズキズキしてお腹がゴロゴロするとか、食欲が無いとか。

なので、吐いたり下痢したりぐったりするまで対処してあげられないわけです。
しかも、抗癌剤が効かないと言うリスクもあるという。
なので、ステロイド剤で延命+消炎+鎮痛の緩和療法にしようかなと。

来月は、うちの犬のお誕生日ですが、それまで生きられない可能性もありますので、とりあえず、今月のお誕生日の日お誕生会を開いてあげようかなと。

ケーキと霜降り肉で御馳走たっぷりのお誕生会
(食べるばっかりやん。。。(´・_・`))

じゃあ、来月の本当のお誕生日まで生きていたらどうするのかと言うと、その時はまたその時にお誕生会をする方向で。。。( ̄m ̄)プッ

まあいいんです。
ケーキは何回食べても幸せになれる『魔法の食べ物』なんです。

ところで、免疫抑制剤のアトピカをやめてからと言うもの、謎の神経症状(チック・部分痙攣など)が消滅しました。
(他に神経症状が軽減する理由が思いつかないので、もしかしたらアトピカが原因だったのかなと思ってみたり。。。(´・_・`))

そのようなわけで、抗てんかん薬をかなり減薬
それでも神経症状は一切出ず、調子が良いです。

あと、短時間であれば歩けるようになりました。
(おやつでの誘導があればですが。(^^ゞ)

この他、食事中に支えなしで自力で立ち続けることが可能になったりだとか、立ち上がる際に下半身を軽く持ち上げてやるだけで立てるようになったりだとか、色々と機能が回復してきました。

リンパ腫さえなければ、目覚ましい回復具合です。
と言うか、何度も何度も考えてしまうのですが、免疫抑制剤は明らかにリンパ腫を悪化させてましたよね。。。( ̄^ ̄;)

うちの犬は、過去に肥満細胞腫(再発・再々発あり)もやらかしてましたので、免疫抑制剤の使用は慎重にすべきだったのかもです。

ひょっとすると、一日1,100円もする毒物をセッセと与え続けてしまっていたのではないかと言う自責の念で、毎日辛いです。(/_;)
免疫抑制剤を使う前に、転院すべきだったんではないかと、、、

極度の貧血でステロイド剤使用するのと同時に免疫抑制剤を使用し始めたので、転院する隙があったのかと言うと少し考えてしまいますが・・・。

でも、ある程度から貧血が改善せず(ヘマトクリット値37~26のまま改善しなかった)、8週間を超えてアトピカを使用し続けていた時点で、転院を選んでいた方が良かったのかなと。

ノバルティスのWEBサイトから使用説明書を印刷して病院に持って行き、「8週間を超えて使用しないように書かれてあるが大丈夫か?」と質問はしてみたのですが、「それを言い始めると使える薬がなくなる、8週間を超えても使用できる、アトピーであれば一生使用できる」と言う獣医師さんの言葉を信用してしまったのも問題だったかなとか、色々と考え続けてしまっています。(´・_・`)

もうすでに後の祭りですので、今更あれやこれやと考えても仕方ないんですが・・・。

そんなこんなで、今はひたすら楽しいこととか美味しいものを沢山与えてあげようと思います。
(ステロイド治療開始時から平均53日リンパ腫の抑えこみ効果が無くなるようですし、うちの犬は高齢で、ステロイド使用期間も長いので53日よりも短い期間で再燃、高熱と貧血などで食欲がなくなり、その後しばらくして天国に行く可能性も高いのではないかと思いますので、やってあげられることはできるだけ早くやってあげようと思います)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ