みなさん、お久しぶりです。(^^ゞ
久々のブログです。
いやはや、実に大変な状態で、更新がすっかり滞ってしまっておりました。

まずについてですが、垂直眼振の発作を抑えるために追加で抗てんかん薬を飲んだら、すっかり寝たきりになっちゃいまして、立ち続けることすら難しくなり、ほぼ寝たきりの高齢犬介護になってしまいました。(´・_・`)

でも、今回のことで、てんかんのことについてだいぶと詳しくなりました。
ごく軽いてんかんであれば、少量の副作用の少ないお薬で押さえ込めますが、うちみたいに激しい全身性のてんかん強い部分発作が起こる状態だと、複数剤併用で量も多くなってしまい、一日中寝たままのフラフラ状態になってしまいます。

人間用の抗てんかん薬でも同様に、抗てんかん薬の多くが、こうした眠気やフラつきを生じるものらしいので、抗てんかん薬でてんかん発作は抑えられても、仕事とか日常生活に支障が出やすく、てんかん発作の症状によっては、なかなか大変なことになるんだなと言うことを、今回の一件で学びました。

あと、うちの手と腕がパンパンに腫れ、化膿して入院してしまいまして。。。(^m^;)
もうすでに退院できたんですが、手に軽い運動障害が起こってしまいました。

母の入院中は、食前の血糖値が150以上になることもあり、そのたびにインシュリン注射を打ちました。
糖尿病患者は傷の治りが悪いので、外科と整形外科での入院でしたが、インシュリン注射を打たれました)

でもって、退院後すぐに、受診中の内科の病院の変更をしました。
(使用中のお薬を倍増しました)

ちなみに、新しい内科の病院で聞いたんですが、ほんの2~3ヶ月前までバンバン使っていた ダオニール非常に古いお薬で、膵臓を痛めてしまうので、現在はほとんど使用されないそうです。(´・_・`)

不幸中の幸いと言うわけではないですが、病院は変えてよかったかもです。
(ダオニールの副作用で低血糖になったら死にそうな顔をしてましたし、背中が痛いと常々言ってましたしね・・・)

最後に、久々に利確しました。
それについては、2015年の取引記録のページを御覧ください。m(_ _)m
(こっちがメインとちゃうんかい!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻)