みなさん、こんばんわです。(^.^
今日の日本株ちょっと残念な感じでしたね。

どうやら、ここのところのアメリカの経済指標が良かったので、金融緩和縮小の懸念が出てしまっているようで。(;´∀`)

と言うか、あれですよ。
ここに来て、次期FRBの副議長のお話が出てきてるですよ。

でもって、次のFRB副総裁には、フィッシャーさん(スタンレー・フィッシャー)と言う人の名前が上がってて、かなり確定的になってるようです。
このフィッシャーさん。

イスラエル中銀総裁で、先のリーマン・ショックではいち早く利下げ決定して高く評価されたのでした。(国内の報道ではほとんど評価されてなかったですが、リーマン・ショック後の日本の各国への金融支援とか金融・経済政策も評価されてましたが。。。( ̄^ ̄;))

でもって、この手腕を買われたからかどうかはわからないですが、フィッシャーさんはアメリカのFRB副議長として推薦されたのでした。(^_^ )

と言うか、何で元イスラエル中銀の総裁がアメリカのFRBの議長なんかできるのかというと、フィッシャーさんはイスラエル国籍とアメリカ国籍の両方を持ってるからです。
(アメリカは二重国籍OKなので)

ちなみにこのフィッシャーさん、バーナンキFRB議長とか現・欧州中銀総裁が自身の教え子だったようで、経験だけではなく、人脈とか知識とかコネとかも色々とあるのかも?って思います。
とまあ、これだけなら別に何てことはないわけですが、問題はここからです。

どうやらこのフィッシャーさん、「金融緩和縮小は早い方がよいかも?」みたいに言ってるようでありまして。。。(^o^;)

だとしたら、今後もかなりの期間、金融緩和でお金ジャブジャブ&超低金利継続って言う目論見は軌道修正される可能性があるってことで、さらに金融緩和縮小の警戒感が高まってるんだろうなって思います。(^.^;