みなさん、こんにちわです。
この間、大原麗子さんがお亡くなりになりましたね。
このニュースは大きく取り上げられましたので、みなさんもご存知かと思います。

ところで、この大原麗子さん・・・ 死後2週間ほど経っていたそうです。
要するに、大原麗子さんは、お亡くなりになったあと、誰にも見つからずに2週間もそのままだったと言うことになります。

この他、独身女性の孤独死で印象に残っているのは飯島愛さんです。
飯島愛さんも、お亡くなりになったあと、1週間後に発見されたのでした。

このように、色々と人付き合いが多いと思しき芸能人ですら、このように孤独死してしまうのですから、一般人、それも引きこもりがちな人だと、なおさら孤独死してしまいやすくなるかと思います。

かく言う私も、そのような危険性はなきにしもあらずと言う感じですので、(と言うか、むしろ高いかも (´・ω・`))現在、孤独死予防法を探している最中です。

        *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    もうどうにでもな~れ
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚

ちなみに、以前、どのように発見してもらうのか?と言う記事で、一応、↓のようには書いたんですが、現在は、それよりももっと効果的で簡単な方法をを模索中です。


《 できるだけ早期に自分の遺体を発見してもらう方法 》
+ 地域のコミュニティ(老人会など)に参加する
+ 介護制度を利用する
+ 外で働く仕事に就く (何の連絡もなく、数日間職場に来なくなったら、所定の連絡先に連絡してもらう)
+ 郵便受けに郵便物などが溜まっていた時は、地域の※ 民生委員や市の福祉課に連絡してもらうように、ご近所の方にお願いする


ちなみに、同居人がいない上に、別居している家族とは普段からあまり連絡をとってない場合、子供がいたりしても、孤独死は発生してしまうようですので、家族が居るからと言って孤独死しないと言うわけはないかもです。
(誰か、気にかけてくれる人がいると、孤独死はしにくくなるとは思いますが・・・)