みなさん、こんにちわです。 (´・ω・`)
今日は篤姫の最終回でしたね。
まあ、最初はガッカリモードだったですが、将軍家定が出てきた辺りから、なかなか良い展開になったですよ。

今回の篤姫では、家定がかなりの高評価だったみたいです。
家定役の人、ホントにいい役者さんですねえ・・・あと、将軍と言えば家茂。
あれも若輩な感じはしましたが、なかなかでした。

ところで、勝燐太郎(勝海舟)北大路欣也さんだったので安心してみていられましたが、やっぱり少々年を食いすぎてたですねえ・・・。
つか、島津斉彬の方を北大路欣也さんがやったほうが良かったかもですね。

あと、尚五郎こと小松帯刀は、篤姫の放映中、一部の視聴者から「ナヨゴロウ」と呼ばれていたんだそうな。
何と言うか、演技とかセリフがナヨナヨしかったんですねえ・・・。

話が進むに連れて、徐々に立派な武士になっていけば良かったんでしょうが、最後のほうまでナヨナヨしてましたので、まあ、仕方ないと言えば仕方ないのかもですよ。

ちなみに、篤姫の放映中、和宮に関しては色々と言われてました。
眉毛が太すぎるだとか、京都訛りがおかしいとか・・・まあ、最終的には馴染んできたと思うんですが、最初は私もちょいと驚いちゃったですね。

それはそうと、今回の篤姫はかなりの高視聴率だったんだそうな。
あの時代に生きていた女性たちが、時代の移り変わりに翻弄されながらも、家族や仲間を大切にしながら、健気に生き抜いていく言うのが共感されたんですかね・・・

個人的には、前年の風林火山(山本勘助)も結構面白かったと思うんですが、コチラのほうはかなり視聴率が低かったそうな。
とまあ、今年の大河ドラマも終了してしまったわけですが、来年はあれですよ。

「愛」ですよ。

つか、予告を見て吹いちゃいましたよ。 (ノ∀`)
直江兼継「愛」って言う文字憑きの兜をかぶってたのは知ってたですが、篤姫を見続けているうちに忘れてしもたんですね。
んでもって、愛の兜の件を忘れ去ってしまってたところに、「愛」の甲冑を被った武士が出てきたもんで、ビックリしちゃったんですよっと。 '`,、('∀`) '`,、

と言うわけで、来年一年間は直江兼継の「天地人」が放送されます。
予告を見る限りでは何だか・・・ですが、まあとりあえず、1ヶ月くらいは頑張って見てみようと思います。