いやはや、最近は暑いですね。
これもひとえに、地球温暖化のおかげって感じなんでしょうか?

ところで、先日、ニコニコ動画にうpされていた「イギリスのチャンネル4」のとある番組をみましたよっと。
その番組の内容とは・・・ 「地球温暖化の原因は二酸化炭素ではない」というものです。

というのも、地球は常に暑くなったり寒くなったりしているようで、人間が二酸化炭素をジャンジャン排出する前から暑くなったり寒くなったりしているわけです。

7万年~1万5千年前      寒冷
1万5千年前           温暖
10世紀 ~ 14世紀(中世)   温暖
14世紀半ば ~ 19世紀半ば 寒冷
1940年~1970年        寒い
1970年~2008年        温暖

最近の気候変動はともかく、昔の気候変動は人間が二酸化炭素を輩出していたわけではないですし、二酸化炭素が気候変動の原因だとしたら1940年~1970年までの寒冷化の説明ができないですので、人間が二酸化炭素を吐き出すことで地球温暖化しているんだという説は、当てはまりにくいということになるです。

ちなみに、通常は地球が温暖化してから二酸化炭素が増えるらしいです。
(若干のタイムラグがあるんだそうな)

それは、海水が温まると二酸化炭素の吸収する力が衰えるからなんだそうな。
(この反面、海水が冷たくなると、二酸化炭素を吸収する力が増すので、二酸化炭素は少なくなるらすぃです)

それにしてもまあ、「二酸化炭素が温暖化の原因説」が間違っていたとしたら、今の日本が支払っている二酸化炭素削減のための費用はムダになっちゃいます。
(でも、そのおかげで潤っている国や企業もあるんでしょうけど・・・。(;^ω^))

ちなみに、現在、二酸化炭素の関係ない「火星」も、温暖化してるですよっと。
というわけで、今後、地球の気候変動については、あくまでも冷静な科学的分析を行ってほしいと思います。