みなさん、こんにちわ!(^ω^)ノシ
今日の日本株は好調でしたねw
特に商社株が好調でしたね。

これも資源価格の高騰の賜物でございます。
ただ、この資源高、アジア諸国には悪い面もあるようです。
・・・というのも、最近の日本の貿易でも言えるんですが、輸入品の価格の上昇で「貿易黒字」の額が減ってきているんです。

日本が輸入しているものと言えば、資源などの「原材料」や「食料品」です。
この辺りの価格がジワリジワリと上がり続けていますので、貿易黒字を削ってしまっているというわけです。

そこで、日本円で食料品などを安く買うためには、日本円が高ければよいわけですが、貿易黒字の減少が大きくなってくると通貨が売られやすくなり日本円が安くなってしまうので、ますます資源や食料品の調達が困難になってしまうというわけです。

でも、これは日本だけの問題じゃないんですよ。
世界中がその危機に直面しているというわけです。
一昔前であれば、通貨が安ければ安いほど輸出品を売るのに有利なので、(国内産業にとっては不利なため)通貨安ってのが望まれたわけですが、今のご時世はそうは逝かなくなってしまったようで・・・。(;^ω^)

ちなみに、実は日本は産油国なんですよっとw
尖閣諸島あたりの海には石油が大量に眠ってるんですね。

尖閣諸島あたりの海底油田は中国との国境あたりにあるのでもめているんですが、それ以外にも、日本の排他的経済水域内にもちゃんと油田がありましてね、そこで油田が取れるんですよ。
でも、今の福田政権は、もしかすると、そこを中国と共同開発するかもしれないんで、今はそれを危惧しているというわけです。

つか、あれを共同開発したら、尖閣諸島の時のように人民解放軍が軍艦を出してくるかもしれないということを考えると、とても「共同開発するかも?」なんていえないと思うんですがね。

ちゅうことで、私は個人的には、排他的経済水域内の「日本単独での油田開発」をちゃんと主張してくれる麻生さんに総理大臣になってほすぃと思うわけですw
というわけで、まだまだ資源価格の高止まりは続きそうな悪寒ですが、今週も引き続きがんばりましょう~ (^ω^)